c
 このページは2020年の「プリあら会」日記です。2020年版、あるいは、それ以前の日記をお読みになりたい方はHOMEページを開いて年号をクリックしてください。
7月11日(日)
永田 哲也

 プリあら例会はコロナ禍の影響を受け、今年2回目の開催となりました。会場はいつもの梅丘パークホールではなく、三軒茶屋の三茶しゃれなあどホールです。
 タイマロさんのグッズ紹介コーナーは、マスクを使用してお客様が選んだカードを会場の皆さんが当てる、というマジックでした。スマホと連動しているマスク!使い道がたくさんありそうです。

 


 司会はミステラさん、アシスタントは南海子さん。ミステラさん恒例のオープニングマジックは、透明なチューブに黄色の可愛い傘を入れて一瞬で赤い傘に変わるというもの。スピーディーで華やかなマジックです。


 続いては「マジックやってみよう」のコーナーです。司会にタジマジックさんも加わり、「みつる&アキ」のお二人の登場です。
 例会の中止が続き、1年がかりで出演出来たそうです。”フーテンの寅さんとさくら”の設定でコント形式で実演。ウォンドから花が出現し、びっくりケチャップの小ネタ、ジャンボカード、メインは大道芸につきものの投げ銭をコインペールで表現したのは、良いアイデアでした。ラストに、前列の観客からの仮想大量投げ銭はお見事!「さくらの役名と桜」、「寅さん、トラカード、トラブル」のかけ具合もOKでした。
 お次は、ビジターマジシャンのコーナーです。
 トップは神保賢孝さん。3色のカードマニュピレーションを見事な手さばきで披露してくださいました。会場からは感嘆の溜息。
 二番手はKOBAさん。予言のカードマジックです。お客さんの選んだハートの4が見事に当たり、退場時にKOBAさんが着用していたシャツをめくると、なんと、そこにもハートの4がプリントされてビックリでした。

 三番手は池田太郎さん。お得意のロープマジックです。プリあらマガジン最新号に広告で掲載しているそうです。華麗なロープのアクトで、会場から何度もどよめきが起こりました。
 最後は中野雄介さん。お酒にちなんだマジックを披露。裏と表がバラバラのカード1組とシェーカーを使って、お客様が自由に「注文」したカードを当てます。最後に振ったシェーカーから、本物のお酒がグラスに注がれ、盛大な拍手!「今日の7時までは、まだお酒が飲めるみたいですので、私一人でカンパーイ!」と。テンポの良い音楽に合わせたダンス、マジックと最後までお洒落な中野さんでした。

 いよいよ、メインマジシャンコーナー、渋谷慶太さんの登場です。
 オープニングは手袋から鳩が連続2羽出現。四角の筒からシルクを出した後、同色のインコが出現。黄色のフラッシュペーパーに火がつけられ黄色のボールが黄色のインコに変身。色とりどりのインコ達が、次から次へと、どこから出てくるかワクワクでした。
 続いての新聞紙マジックでも、鳩が2羽出現。鳥かごに入れられた鳩が一瞬にして、大きなオウムに変化。美しい鳥達の登場に会場は大盛り上がりです。
 場面が変わり、ポールが2本持ち込まれ、アシスタントの知夏さんが登場。渋谷さんのおまじないにより、空中浮遊。イリュージョンマジックは、ただただ見とれるばかり。楽しめます。
 雰囲気は一転し、渋谷さんが赤ワイングラスの絵を持ち、おしゃべりマジック。緊張感が続いたマジックの合間でホッとしたひと時でした。幼稚園で非常に人気のマジックとの事、納得です。
 その後も、お札のマジック、ウォレットのマジックと続き、フィナーレは、ヒンズーバスケット!拍手喝采!!何とも盛りだくさんで贅沢なショー、渋谷さんありがとうございました。
 例会のラストを飾るのは、我らがプリンあらモードMagicエンターテイメントクラブ会長、荒木会長の登場です!
 会長コーナーは今年初めての開催になります。会場から120%の喜びが伺えます。

 

 ご存じの通り、会長マジックは誰もやったことが無く、一度限り披露される超レアマジックになります。
 お客さんがサインした小銭をパースに入れますが、一言のおまじないだけで、謎の箱にトランスポートされ、出てきてしまうのです!
 現象としては、よく見るものですが、会長のパフォーマンスは、神ががっていました!あり得ない!嘘でしょ、嘘でしょ、と頭の中が、大混乱をおこしました。
 当日、会場には、ケン正木さん、ミステラさん、タジマジックさん、南海子さん、神保さん、池田太郎さん、KOBAさん、中野さん、と沢山のマジシャンがいらっしゃいましたが、マジシャンの皆様が、全員、声をあげて、驚いていらっしゃいました。
 KOBAさんは、現象が起きると同時に、会場の後ろで腕を組んで歩き回り、興奮しながら、「有り得ない、あり得ない、なんで??これ、究極でしょ!!」と唸っていました。
 一度限りのマジックでは惜しい!!本当に、究極でした!!
 今回は、いつもより短時間での開催でしたが、非常に内容の濃い例会で、とても楽しめました。ありがとうございました〜。

4月3日(土)
小舘 翔(ローレンズ)

 今年初めてのプリあら。昨年は定期的にあり、毎回、参加するのが楽しみでした。久々と言うのもあり、ドキドキ、ワクワク、どんな事が起こるんだろうと、今日の日を待ち望んでいました。
 早速、司会進行のミステラさんとぺるさんの登場です。ミステラさんは、マジックはもちろん、司会進行のしかた、ツッコミなども非常に面白いんです。
 また、ぺるさんが「あるドラマで有名人の手を演じてマジックをしたことがある」とおっしゃった時、鳥肌が立ち、「ぺるさん、すごい!」と改めて感じました。
 お二人が演じたマジックは、細かいものを繋げていくものです。オープニングから不思議な事が起き、なぜバラバラなものがつながるのか分かりませんでした。
 続きましては、ビジターマジシャンのコーナー。
 毎度すごいマジシャンの方が一芸を披露してくださるのですが、その一芸が、かなり驚く、不思議なものが満載なんです。今回は5組の方が参加されています。
 最初に登場するのは、昨年プリあらグランプリに輝き、年末のクリスマスディナーショーにも出演されたミーナさん。
 ミーナさんは和風のマジックで素晴らしいパフォーマンスをするイメージがありましたが、今回はライターを使ってスカーフを出すマジックを演じてくれました。
 ライターが、なんでスカーフに変わるのかわからないところが、また面白いところです。是非、プリあらのメインゲストで様々な和風中心のマジックを見せて頂きたいものです。

 続きましては、バードマンさん。バードマンさんは、工夫ある道具を使い華麗にマジックを披露する方で、迫力満点です。
 今回はルービックキューブを使ったマジックで、ルービックキューブなのに最後にはマリオになる不思議な現象が一瞬飲み込めませんでしたが、すごく形になっているので、面白かったです。
 続いては、ぺるミントさん。プリあらでもメインゲストを飾ってくださったことがあり、なんといっても2人のコンビネーションが抜群です。
 今回はロープを使ったマジックです。首を締めてるはずのロープが、おまじないをかけると、ほどけてしまい、不思議でした。

 お次は、SHOKOさん。フレアーバーテンダーで、初めてプリあらのステージで見た時は、こんなに華麗にバーテンダーマジックをされるのかと驚きが走りました。
 今回はお花をメインに使ったマジックです。パフォーマンスに魅了されました。是非またメインゲストで迫力のあるステージを観せて頂きたいです。
 最後のビジターマジシャンは、藤本明義さん。トランプを使ったマジックです。破れたカードが、くっついた状態になり、どのようにしてやったのか不思議でした。
 続きましては、マガジンで学ぼうのコーナーです。このコーナーは今まで発売したマガジンのなかから、マジックを紹介するコーナーになってます。
 タジマジックさんとわか葉さんのコンビです。今回は、No.34に掲載されている、ハマック柳田さんのロープ貫通マジックを披露してくださいました。簡単に、ロープが胴体を貫通してしまうんです!不思議さだけでなく楽しさも感じられます。
 お待たせしました。お待ちかねのメインゲストのコーナーです。
 メインゲストは、ケン正木さんとAZUSAさんです。特にケン正木さんは、毎回プリあらで、色々なジャンルのマジックを披露してくださり、何が起こるんだろうとワクワクします。
 今回披露して頂けるのは和妻です。

 オープニングは、傘を使ったマジック。色彩豊かな傘を扱う身のこなしが素晴らしく、そこに見惚れてしまいました。
 次にAZUSAさんが登場。紙を使ったマジックです。紙を切っていくのに最終的にはしっかり繋がっていく不思議さと、ハサミを器用に使ってる姿をみて、すごいなぁ綺麗だなあと感じました。
 再びケン正木さんが登場。

 紙を切っていくマジックで、令和と平成、2つの文字を一枚の紙で完成させた時は、いつそうなったのかわからないくらい不思議でした。
 再度、AZUSAさんが登場し、スカーフマジックを披露してくれました。スカーフの美しさと、現象の不思議さで圧倒されました。
 ラストは、イリュージョンマジックです。箱の中に人がいるのに、どんどん剣を刺していきます。ドキドキしながら見ていましたが、無事にAZUSAさんが出てきたので、素晴らしいと感じました。
 今回、会長マジックはなかったですが、会長のマジック、会長に会いたくてショーに来られてる方もいます。僕も会長から人の役に立つ事に関して学ばさせて頂いてます。
 こう言う時期だからこそ、周りの方達を笑顔にする事が本当に救いになるのかなと感じております。
また、プリあらが定例で開催される事を心待ちにしております。

1月8日(金)
齋藤 健慈噤iローレンズ)

 2021年、プリあらは1月8日の荒木先生の誕生日パーティーから始まりました。会場には、様々な業種の方が集まりました。
 誕生日のお祝いで、ここまでたくさんの人が集まるのは本当に凄いことだと思います。人を喜ばせる渡す側の人生。荒木先生がおっしゃる事を実践して行った先に、このような素敵な人生があるという事を思うと、ワクワクします。今年も参加させて頂きホッとしました。と共に、もっと成長するぞ!っと、心に誓う時間になりました。

 MCは今年も豪華!マジシャンの竹たけをさんとわか葉さんのお2人が進めていきます。山田さんの「来年も健康でいられる事を願って乾杯!」と言う音頭で、パーティーがスタート。
 今年の料理も豪華です。プリあらスタッフの恵美さんと紀子さんの愛情たっぷりの手作り料理です。エビのパン粉焼き、鶏ハム、シュウマイ、ローストチキン、鏡餅などなど
 野菜は、ともみファームのオーガニック野菜がふんだんに使われています。特に、手作り鏡餅の柔らかさが半端なかったです!トロっと溶けるように柔らかいお餅と味が濃い大根おろしが絶妙にマッチしていて、絶品でした。
 そして、巨大なバースデーケーキの登場です。あまりの大きさにケーキ運搬係のローレンズ達は、ケーキが崩れないように慎重に、エレガントに運んでいました。
 今年のケーキはハート型。その上にはこれでもか!というくらいのイチゴやブルーベリー、キウイ、みかんなどのたくさんのフルーツが敷き詰められています。世界に他とない唯一のバースデーケーキです!
 その後は、荒木先生と一緒にケーキを囲んでの記念撮影。まるで家族のような集合写真で、この時間もまた貴重でした。荒木先生と写真を撮る際は、写真の為の作り笑顔なんて必要ありません。自然と皆んなが笑顔になります、とても不思議です。
 続いては、プレゼントオープンのコーナーです。荒木会長を喜ばせたいと言う気持ちで、参加者が選んだプレゼント。なぜそのプレゼントを選んだのか、一人一人が荒木先生とのエピソードと感謝の気持ち、これからの意気込みなどを話す時間です。また、荒木先生からも、その方との面白エピソードや学びの多い話があります。
 マジシャンの方達はプレゼントだけでなく、お祝いマジックを披露してくださりました。不思議な現象のオンパレードで会場が大盛り上がりでした。

 五十嵐ひとみさんはパッションローズの方達と一緒に可愛らしいディスペンサーをプレゼントしました。
 竹たけをさんはプレゼントのラルフローレンのお洒落なハンカチを使ったお洒落マジックを披露。ブランクカードがいつの間にかハッピーバースデーと書かれたカードに入れ替わりました。
 ぺるさんとフレアバーテンダーのSHOKOさんはラルフローレンのお洒落な下着をプレゼント。何も無い手の中から可愛らしい獅子舞が登場するというマジックを披露。可愛らしいマジックでした。
 ケン正木さんはマスクを使ったマジックを披露し、アンティークな宝箱をプレゼント。製作は山田さんだです。そう、その宝箱はマジックのネタが詰まっていました!そして、テーブルやフォーク、最後にはケーキまで登場しました!まさにビックリ箱です。

 真優さんはプリあらスタッフの女性達とカラフルなハンカチを使った魔法の様なマジックを披露。プレゼントはウェッジウッドのカップ&ソーサーとケーキ皿でした。
 タジマジックさんは、マスクを使ったマジックを披露。まさかの!ケン正木さんとネタが被ったらしく、急遽やり方を変えて披露していました。現場対応力に驚かされました。

 わか葉さんは一個300円の卵とそのたまごを使った冷凍焼きプリンをプレゼント。その卵は障害を持った人達がつくった美味しい卵だそうです。食べてみたい!その場にいた人たち皆んなが同じことを考えたと思います。

 プレゼントコーナーの締めくくりは、荒木先生の付き人をされていて、今や飛ぶ鳥おとす勢いで活躍中のプロデューサー、黒川浩行さんが登場しました。プレゼントは荒木先生が大好きな干し柿です。なんと、荒木先生の誕生日をお祝いするのは今年で37回目だそうです。そんなに前から付き合いが続いているのは本当に凄い!と感じました。黒川さんは、今年の誕生日パーティーはこれまでで1番荒木先生が参加者一人一人をクローズアップして話をしている!と驚いていました。
 最後に荒木先生が!人がいる事に感謝ができると、それがエネルギーに変わるという話しをして下さいました。もらった時に感謝の気持ちが出てくるのが普通。常に周りの人が財産になっていく事を考えている先生は、そこに人がいることに感謝し、人生をやらせてくれることに感謝し、人間をやらせてくれることに感謝しているんですね。荒木先生のエネルギーの原動力になっているのは何か!と言うことを学ばさせて頂ける貴重な時間になりました。
 僕自身、もらう側の感覚で生きてきたので、あることに感謝するという感覚は、荒木先生の話を聞くまで理解できませんでした。時間が経つと当たり前になり、上手くいかなくなります。
 今年の荒木先生の誕生日パーティーは参加された方達にとって、本当に凄い時間になりました!ですが、このパーティーは、毎年あるのが当たり前ではありません。誕生日パーティーに限らず、クリスマスディナーショーもプリあら例会、プリあらグッズ、プリあらマガジン、大洋村バスツアー、大洋村別荘、ともみファーム、そしてローレンズ。これらは全て荒木先生から頂いている僕の誇りです。こんなにも凄い事がたくさんあるのに、全く感謝できていなかったのだと、荒木先生に気付かせて頂きました。この感覚を心に刻んで、今年1年は大きく成長していきます。
 2021年のスタートで、こんなにも素敵なパーティーに参加させて頂きありがとうございました!

このページは2003年からの「プリあら会」日記です。2020年版の日記を読まれたい方は年号をクリックしてください。
その他の年号の日記を開きたい方は、一旦、ホームページに戻って、下欄の表から、その年をクリックして下さい。