このページは2019年の「プリあら会」日記です。2018年版、あるいは、それ以前の日記をお読みになりたい方はHOMEページを開いて年号をクリックしてください。
4月8日(月)
大崎 紗代

 4月初め、天候が寒い日も続きますが、プリあらに来れば心も明るく、楽しくなりますね。
 総合司会のミステラさんは、山田さんお手製のロープを使ったマジック。2本の黄色のロープが1本に!
ロープの鮮やかな現象、一瞬の出来事です。
 マジックが終わると、同じく司会のぺるさん登場。今日の衣装はトランプ柄のワンピース、タイツ、ベレー帽と可愛いファッションです!私はいつもぺるさんの衣装が可愛いので注目しています。
 ビジターマジシャンのコーナーは、お馴染みのケン正木さん。今日は紙切りを披露。正方形の紙とハサミを持ち出し、サクサク切っていくと〜かわいいパンダが現れました!ケンさんのマジックもステキですが、この流暢なお話方も魅力的です。
 切った紙の復活に続き、最後は、文字を切ってみると、、、、おおおー!「平成」と形どっているのですが、上下ひっくり返すと新元号「令和」になっていました!!会場は大いに盛り上がりました。
 やってみよう!のコーナーでは、初マジック、初舞台の「ゆうと&しょう」のコンビ!まるでお笑い芸人みたい。

 2人は普段からプリあらスタッフとして、会場の準備や片付けをしており、プリあらのマジックショーを見て自分たちもやってみたいと思い、練習してきたそうです。まさに、やってみよう!のコーナー名そのものですね。
 その2人は、小走りで登場、決めポーズをし、会場は笑いとワクワクの雰囲気に包まれました。披露するのはカードマジック。途中、ハプニングが起こりつつも、なんとか形に。笑いが絶えない初マジックの2人。これからますます楽しみですね。

 マガジンで学ぼうコーナーでは、タジマジックさんとわか葉さんが登場。プリあらマガジンNo.12の長谷和幸さんの作品です。マガジンには色々なマジックが載っていますが、いざやってみると「はてな?」だったり、難しそうと思ってやらなかったり…。このコーナは、実際にレクチャーしてくれるので、とても分かりやすいです。
 続いて、バルーンアートマジシャンのSATOさん登場!一昨年のクリスマスショーでは会場いっぱいにバルーンアートを飾ってくださいました。今日はお話ししながらあっという間に丸をたくさんつくり、なんと、剣ができました!!これはお子さんにも大人にも喜ばれますね〜。次号のマガジンに掲載されるそうです。
 さて、いよいよ、メインゲスト、Soul Dream(ソウルドリーム)の登場で〜す。なんと、プリあら初登場!PINKY&みえっちによるパワフル&セクシーなダンス&イリュージョン。
 メンバーの一人、みえっちこと荒井美恵さんは、荒木会長がプロデュースするパッションローズというダンスチームのダンス指導をしてくださっています。
 もともとダンスをやったことのなかった私が、クリスマスショーのオープニングダンスを見て、私もこんな素敵なダンスを踊ってみたい!!と思い、ご縁でパッションローズに入ることができました。そんな「ど素人」の私に、いつも優しく、根気強く、明るく教えてくださる美恵先生。美恵先生のおかげで、私はダンスの楽しさと美しさを知りました。そんな美恵先生のマジックショーを見るのは、初めてで、とても楽しみにしていました。期待にドキドキがとまりません!
 軽快な音楽とともに、2人が踊りながら登場〜!!かっこよすぎる!あぁ…まるで海外でショーを見ているような迫力です!セクシーな衣装、ヒールでステップ、決めポーズ、全てが美しい!!!一番前で見ている私は初めっから大感動です!

 鮮やかなスカーフ、ロープマジック、紙袋からいくつも花の入った箱が出てくるマジック…美しいお2人のダンスとともに繰り広げられます。
 場面は変わり、ポリスに扮したPINKYさん。ネックレスを狙う怪盗に扮したみえっちさん。まるで怪盗ルパンのワンシーンのようですね。お2人とも、一つ一つの表情や仕草が、決まっています!!こんなマジック、初めて!

 次は面白いマジックでした。音楽の歴史をダンスとともに振り返るマジック。マイケルジャクソン、去年大ヒットしたDA PUMPのUSA。観客をステージに上げ、早口言葉を言わせるPINKYさん。さすがです。PINKYさん、めちゃくちゃ面白く、ダンスが鮮やかで迫力があり、そのギャップがたまりませんね。
 最後は、日本刀のような剣を持ちながら、和のテイストで登場。剣の舞、アジアっぽくて、迫力満点です!剣さしもバッチリ決まり、ショーは最高潮に!
 いやぁ〜、、お二人ともホンッットにセクシー!ユーモアあり、迫力あり、ホントカッコよすぎでした!!!私もダンスの練習、さらに頑張ろうって思いました。
 さぁ〜お次は荒木会長のコーナーです!このコーナーのマジックは一夜限りの贅沢な時間。誰もやったことのないマジックをやってしまう会長!
 さて、紙袋の中から出てきたのは、ペン、カッター、定規、スケッチブック。いやはや何が始まるんだろ〜ワクワク。
 お客様をステージにあげ、会長のお話にドンドン引きこまれていきます。最終的には、あり得ない事が!!!一夜限りの会長マジックはいつも不思議です!
 現象が終わった後、ミステラさんとタジマさんが、ずっと不思議がっていました。ケン正木さんは、アフターでも、ずっと不思議だったと、タジマさんと話していらっしゃいました。
 楽しい時間が終わった後は、プリあらの会場をスタッフのみんなでテキパキと片付けていきます。みんなでつくりあげているプリあらマジックショー。舞台に登場するマジシャンも舞台をつくる皆さんも、本当に輝いています。私も作る側として、また来月も見にきた人がきてよかった!と思える時間を作っていきたいと思います。

★プリあら4月8日のダイジェスト版です→こちらをクリックしてご覧下さい。

3月26日(火)
上野 寛人

 今回、初めてプリあら日記を書かせてもらいます。プリあらとの出会いは、友達からマジックのオークションがあるよと誘われて、「なんじゃそりゃ!オークション自体行ったことないよ!」ということで参加してみることに。
 出品するマジックをその場で披露してもらって「さあ〜いくら!」って、そりゃ欲しくなりますよ!僕はケン正木さんの、お椀と玉のマジックを落札できました。
 それから例会に参加し、3回目で、ついにA会員に登録!そして、日記まで書かせてもらえるなんて、とても光栄です。少しでも例会の楽しさが伝わるように書いていこうと思います。

 3月末の例会、プリあらおなじみ、総合司会のミステラさんが、赤、緑、白、クリスマスカラーの3本の紐を持って登場!それぞれ別々だったはずの紐が1本につながって拍手喝采です。
 続いて登場した、司会のぺるさん、今日の衣装は、ピンクのベレー帽にピンクのチェックスカート、茶色のロングブーツで可愛らしいです。
 ビジターマジシャンコーナーでは、愛嬌があってユニークなケン正木さんが登場。僕は、プリあらオークションでゲットした、ケンさんのカップマジックを一所懸命、練習しました。ケンさんのマジックはユーモアがあり、オシャレです。しりとりマジック、落語マジックなど、毎回テーマが設けられていて新鮮です。
 今日はスマホマジック!スマホからお金を出したり、スマホでひげを剃ったり〜続いて電卓マジック。みんなでスマホを取り出して、ケンさんの言う通り入力していくと〜きた、きた、きた!選んだ数字がゾロ目になったり、自分の携帯番号が出現したり、あら不思議!友達に教えたらびっくりされますね。
 続いて、「やってみよう」のコーナー。今日のお方は…マジック歴60年、チェスのアルゼンチン代表…ってすごい経歴!ファビオ桜井さん、登場〜!って怪しすぎる。ピンクのスーツに緑のサングラス、フラフラしてるし大丈夫!?
 持っているたくさんのマジックグッズの中から、今回見せてくれたのはカレンダーマジック。今日の日付にあたるトランプを取り出して、グラスの中に入れると〜…ジャパンのJが揃った〜意外とオシャレなマジックを見せていただきました。
 次に「プリあらマガジンで学ぼう」コーナー。プリあらマガジンに載っているマジックを紹介してくれるコーナーです。今回は、わか葉さんとタジマジックさんが、同時に同じ手順をふみます。一緒に紙を折って、そこにハンカチを挟んで、ハサミで切ると〜、、、、タジマジックさんのは普通に切れちゃった、アレ!?わか葉さんのは切れていない…!!!お客さんと一緒にやると、不思議さが引き立ちますね。

 さて、いよいよ本日のメインゲスト、藤原邦恭さんの登場です。マジック界で知らない人はいない、ご自身でマジックを作られるクリエーター!話し方が落ち着いていて、とても紳士的です。今日はお手製のマジックを、めくり芸形式で見せてくれます。
 絵の中のテントウムシが移動したり〜紙の財布からお金が出てきたり〜仕掛けを疑っているお客さんに、「素直になろう」ってツッコミながら進めてくれます。素直に楽しむって、大事ですね笑〜手作り感のあるマジックが温かいです。
 次に、10秒マジック10連発!ヨーイドン!で、ネタが出てくる出てくる!これには「お〜!」の連続、ときおり挟むシュールなグッズが面白いです。
 続いて、白衣のお姉さんが2人登場。あら、ぺるさんもいるではないですか!藤原さんも、白衣と鼻眼鏡で博士スタイルに変身!どうやら子供に大人気の、のびのび博士の「のび〜るシアター」が始まるらしい。
 の〜びのび♪の〜びのび♪のリズムで、イラストの動物とかが伸びる!次から次へと伸びる!最初はリアクションに困りましたが、次第にのびのびソングが頭から離れなくなる、このリズムが楽しい!これはクセになる!のびのびしている間は童心にかえれます。

 

 ラストは、荒木会長のコーナー。僕は、荒木会長に出会い、「人を喜ばせるということ」や、「価値を追求するということ」を、学ばさせていただいてます。
 マジックは、まさに人を喜ばせるものであり、価値を追及することで質が上がってくるのだと思います。僕も会長がいる環境で過ごすうちに、少しはこの考えが身に付いてきたかも!?プリあらに通って、自分で試行錯誤して、人生を豊かにしたいですね〜。
 さて、会長は、誰もやらない、いつもあっと驚くマジックを披露してくださいます。今日の舞台はレストラン。会長のスーツ姿が超かっこいい!!!!!
 お客さんにメニュー表を渡し、コース料理の各メニューを決めてもらうと…それぞれ値段が全く違うのに、会長があらかじめテーブルに出していた封筒の中のお金と、コース料理の合計金額がぴったり合っている!お客さんがメニューを決めたのに、どうして〜!?毎回一度きりのマジック、ありがたく楽しんでいます。
 例会が終わり、皆んながせっせと片付ける姿を見ると、「僕も片付けに参加したい!」と思いますし、これからは作る側にも参加したいです。プリあらに参加できる事に感謝し、僕も成長していきたいです!

★プリあら3月26日のダイジェスト版です→こちらをクリックしてご覧下さい。

3月11日(月)
むっしゅ佐久間

 もう20年近くなる親友のバードマンさんがメインゲストということで、初めてマジックを見るという友人3人を誘って応援に行きました。
 ケン正木さん、ミステラさん、ぺるさん、有名マジシャンが会場に出入りするたびに、お友だちは皆大興奮!!
 開場と同時に満席に膨れ上がる会場です。即座に椅子が用意されます。流石、子供にも大人気の動物マジシャン、バードマンさんです。
 「空に星があるように」「いとしのマックス」「梅の実」など、数々のヒット曲を飛ばした荒木一郎会長世代の私のお友達は、一緒に写真を撮っていただいて大喜びです。
 マジックブースの人だかりも毎回凄いことになっています。なんせ良質のマジック道具が、どこよりも安く買えるのが魅力です!
 私のマジック道具のほとんどは、ここで買ったものばかりです。いつも担当の隅谷治子さんに無理を言って手に入らないようなものを注文して取り寄せていただいています。大感謝。
 加えてぺるさんが引っ越しで収まり切れなかったマジック道具を、1個100円均一で売ってくださるとのこと。私は2回で5000円も買ってしまいました!(汗)合わせると5万円くらいの価値があるので素敵です!!
 ショー開始の音楽が鳴り響いて開演です。

 ?????え! 舞台は真っ暗で何も見えません??? 突如!!鳴り響く、けたたましい目覚まし時計の音、ミステラさんがベッドの上で美女と寝ています。
 寝ぼけまなこで起き出すミステラさん、となりの美女をたたき起こすが、ぴくっともしないで寝ているぺるさん(笑)仕方なしに、起き出してテーブルの上の筒を探すが見当たらず、2本の筒を改めて持ち上げてみても何もない???突然現れるクラシカルな目覚まし時計!!ボタンを押して目覚まし時計を止めてベッドにもぐりこむが、またもやベルの音!!また筒の中から目覚まし時計!!何度も何度も時計が出てきてなんと10個!!楽しい目覚まし時計マジックのオープニングでした。毎回ミステラさんの奇想天外なミニコメディーは力作です。
 ビジターマジシャンコーナーはケン正木さんの、なんと、落語マジックでした!衣装も羽織はかまが決まっている 本格寄席の雰囲気です。有名な落語「饅頭怖い」を、マジックを取り入れたアレンジで会場は大爆笑。大拍手、ケン正木さんの新ジャンルマジックは今後大評判になることでしょう。面白かったです。

 次のコーナーは「マジックやってみようコーナー」、高橋完治さんが汗びっしょりの熱演で会場を沸かせたマジックは、タジマジックさんの6時間に及ぶ指導で完成させたと言う「時計マジック」。見事成功してタジマジックさんが一番喜んでいました。いつかこのコーナーに出してもらおうと私も狙っております。
 これも最近できたコーナーで「マガジンで学ぼうコーナー」です。今回はタジマジックさん、わか葉さん、タイマロさんのトリオで実演。No.25のDr.レオンさんの作品で、封筒とシルクを使ったマジック。Dr.タイマロさんが身振り手振りを加え、楽しい演出で不思議なマジックでした。
 いよいよ、本日のメインゲスト:バードマンさんの登場です。最近ぺるちゃんと一緒に人気ドラマ「家を売る女」で北川景子さんに鳩出しマジックの指導をした裏話がとても面白かった。
 華麗な鳩出しから、フクロウ、大蛇の登場で会場は、パニック状態、大拍手でした。バードマンさんの真骨頂!!
 そして、そして、この夜は大ステージでしかお目にかかれない大がかりな道具を持ちこんで、準備になんと数時間かけたという、すさまじいイリュージョンマジックショー!!
 まずは人体浮揚、かわいいアシスタントみな美さんのキレキレのダンスで始まり、幻想的に浮き上がる人体に会場はしーーーん、、、そして大拍手!!

 風船呑みと得意の反則技であるタバコ食いマジックはお見事!!
 イケメンマジシャンのピース君は昨年のプリあらアワードのチャンピオンです。かっこよくフローティングローズを決めて、観客の冷や汗と拍手で盛り上がりました。
 折り紙、剣差し、人体入れ替わりと立て続けにイリュージョンマジック。

 催眠術マジックは私も本当にかかってしまって焦りました。指がバードマンさんの言う通りに張り付いたり離れたり???不思議だ!舞台に上がった5人が軽い段ボール箱を持ち上げようとするが絶対に持ちあがらない??男性の観客が心から驚いている。絶対持ち上がらないはずの箱が小柄な女性がひょいと持ちあげてしまう??どうなっているんだろう!!不思議、不思議???
 フィナーレの大がかりなマジックも大成功に終わって、観客は放心状態。この夜のマジックショーも大演団!
 最後は会長コーナーです。オープニングからのマジックを振り返り、待ちに待った、会長の超不思議なマジック2種類。まずは、カードマジック。単純な流れの中で、超不思議な現象!これは、グッズだそうで、そう言う見せ方があるんだな〜と勉強になりました。
 もう一つは、綺麗な紙コップとシルクのマジック。このマジックはメイドイン「やまひで」で、これまた素晴らしい現象でした!!
 3個のコップに別々に入れられた三色のシルクが、突如つながって出現という見たことも聞いたこともないマジック。毎回毎回、観客を魅了し続ける荒木会長の底力に驚愕でした!!
 最後にメインゲストのインタビュー、マジックに比べて、喋りになるとシャイなバードマンさん(笑)
 今宵も、友人共々、プリあらで存分に楽しませてもらいました。ありがとうございました〜。

 

★プリあら3月11日のダイジェスト版です→こちらをクリックしてご覧下さい。


2月27日(水)
樋口 哲弥

 今日のメインマジシャンはテレビ出演も多い、からくりどーるさんです。プリあらの例会で初めて見たときから好きになってしまい、今日も楽しみにして来ました。
 開演前のタイマロさんのプリあらグッズの紹介では、2つのグッズを実演してくれました。一つ目は、手にはめた白い手袋をとると、赤い大きな花になってしまうマジック。二つ目はバラの出現と変化のマジック。どちらもお手軽なお値段の上、買えばできそうです。僕もバラのマジックに挑戦してみようかな。
 さて、総合司会のミステラさんとぺるちゃんの登場で開演です。
 ミステラさんのマジックは、黄色い箱を使ったヴィジュアルなマジック。ぺるちゃんとの相性もバッチリで、とても不思議で面白かったです。
 ビジターマジシャンのコーナー、今日はケン正木さんです。
 荒木会長のホームシアターで映画を見ているということで、スターウォーズのテーマで、膨らませた風船に赤いライトセーバーを突き刺すのですが、風船が割れると思ったけど割れませんでした。ケンさんのライトセーバー、少し太めでしたけど割れませんでした。びっくりです!!

 あと、髪留めのゴムを使って指を移動する輪ゴムのマジックを面白楽しく見せてくれました。僕も色違いの輪ゴムで良くやるので参考になりました。

 続いては新コーナー、「マジックやってみよう」のコーナー。このコーナーにはなんと、荒木会長が作ったテーマソングがあり、それには11人のマジシャンの声が使われているとのこと、聞いててとても楽しいです。
 今日の出場者は、本当か嘘かマジックをはじめてたった3か月という、齋藤健慈嘯ウんです。健慈嘯ウんが登場すると応援団がいるのか声援が飛んでました。
 健慈嘯ウんはカードを使って人間の直感力を証明するということで、観客のまいさんの直感力で、超不思議なことを起こします。まいさんの直感力がすごいのか??これは、なんと荒木会長著「カードマジック19の秘宝」の作品です。僕は、この本の大ファンなので、もう一度、読み直してみようと思いました。
 次はこれも新コーナー「マガジンで学ぼう」のコーナー。プリあらマガジンで紹介されたマジックを実際に演じてもらうコーナーです。
 マガジンでは空の紙パックからアメを出すマジックですが、これを、タジマジックさんとわか葉さんがジュースに変えて演じてくれました。キャンディーでも、もちろん不思議ですが、オレンジジュースが出てくるというアレンジを見せてくれるので、とても勉強になります。
 さぁ、いよいよ、本日のメインゲスト、からくりどーるさんの登場です。登場していきなりの「でぶで〜す」の一言で会場は笑いに包まれました。

 観客の少年をステージに上げてアイスクリームのマジック。10円玉が3人の体を移動していくマジック、人気グループ「嵐」のメンバーの名前を予言するマジック、そして、アシスタントゆっきーさんのトランプの予言マジック。
 なんと、からくりどーるさん、本日発売のプリあらマガジン最新号に掲載されている、カードマジックも披露してくださいました。スクラッチシールを使った、オリジナルマジック。とても面白いです。マガジンを購入したので、今日、帰ったらさっそく見てみようと思います。

 どれもこれも、ちょっとインチキっぽいんだけど最後は「えーっ!!」って驚くマジックを見せてくれて、おしゃべりも楽しく、ずっと笑いっぱなしで、30分があっという間に感じました。
 ぺるちゃんが紹介していた、からくりどーるさんが監修しているアンパンマンマジックセットも興味があります。楽しい時間をありがとうございました〜
 最後のコーナーは、僕が大好きな荒木会長のコーナーです。今日の例会の振り返りと会長マジック。今日の会長マジックは、会長の取り出した小さな箱の中に、目には見えないルビーの種が入っていて、それを手に取るとシルクになり、それがスポンジボールになり最後に綺麗なルビーになるという不思議なマジック。
 それを会長には珍しくBGM付きで演じてくれました。誰もが演じるシルクだったり、スポンジボールだったりするのに、こんなにもドラマチックにファンタジーに見せるって、一体なんなんだろう〜すごく感動しました。
 ラストのゲストインタビューでは、からくりどーるさんが「痩せようと思ってる」ということですが、会長が「もっと太ってもいいんじゃないか」って言っていたのが笑えました。
 ゆっきーさんから、今日はからくりどーるさんがゆっきーさんの名前をみんなに覚えてもらえるようにとわざと何度もゆっきーさんの名前を間違えるという演出があったというのを聞き、からくりどーるさんていい人なんだなって思いました。
 今日も、まるごと存分にプリあらを楽しむことができました。ぺるちゃんが引っ越しのためにマジックグッズをすべて100円で売ってるというので、しっかりとブースを覗いてから帰路につきました。
 いつも、楽しい会をありがとうございます。

★プリあら2月27日のダイジェスト版です→こちらをクリックしてご覧下さい。


2月12日(火)
むっしゅ佐久間

 新春にふさわしい艶やかな振り袖姿の元祖アイドルマジシャン、瞳ナナさんのマジックショーでした!!
 今回はいつもと違って自分からプリあら日記の執筆を希望して書かせていただきました。
 マジックを始めたころからの大ファンで、SNSではいつも優しく書き込みをしてくださる美魔女マジシャンなのです。
 スタートは、司会のミステラさんとぺるさんのオープニングマジック。茅ヶ崎の実家からミステラさんが運んできたという大がかりなカードマジックでした。息のあった掛け合いから、ぺるさんのバラまいたカードが大きな星型の先に突き刺さると言う夢心いっぱいのマジックが大成功!!
 満席の観客から「ゴ〜〜〜ッ」という歓声と拍手が沸き起こりました。決めポーズのミステラさんがかっこいいです!
 ビジターマジシャンは、ダーク広和さんです。最前列にいた私がトランプをお貸ししました。なんと見たこともないスマホを使ったマジックで、フルシャッフルしたはずのカードに私のカードだけがダークさんの写してくれたスマホ画面に裏向きに移しこまれていました。なんとも不思議な映像が私だけのスマホに残っているというラッキー!!削除されないようにロックをかけました。

 新年初ということで新しいコーナーが目白押しに登場します。今年も期待と楽しみで一杯です(^^♪
 新コーナーの一つ目は「やってみよう〜」のコーナー。なんと、この新コーナーのテーマソングを荒木会長が作詞、作曲したんです。しかも11人のプロマジシャンが協力してるそうです。始まる前に、この曲を1曲、聞かせてもらいました〜。楽しい〜〜、凄〜い、荒木会長って、ホントにマルチな才能をお持ちですね〜。また、この曲を聞きた〜い、とのことで、今日の出演者は、ジャッキー・ゴルゴンゾーラ・ダナプラポッチ・ダサンタさんでした、、(というか難しくて聞き取れなかった)(正しくは、ドルゴルスレン・ジャッキー・ダグワドルジさん)
 美女の観客が書いた漢字を言い当てるというメンタルマジックを成功させて拍手でした。これから楽しみなマジシャンです。

 このコーナーは誰でも出られるので皆さま挑戦してみてください。てか、私にぴったりのコーナーなので今度やらせていただこうと思います。
 次の新コーナーは「プリあらマガジンに載ったマジックをやってみました」というコーナー。数理トリック、タジマジックさんとわか葉さんの軽妙なやり取りで見事成功!!シンプルですが非常に不思議なマジックです。最新号に詳しく解説されているので皆さま是非お試しください。
 さあ〜いよいよお楽しみ、メインゲストの瞳ナナさんが登場です。藤をアレンジしたピンクの振袖姿のナナさんは本当にきれいです!!
 10数年前に初めてお会いしたときから今でも全く変わらない、現役のアイドルマジシャンです。素敵な笑顔でシルクマジックのオンパレード。取り出し箱からも色とりどりの花や極彩色のシルクが次々と現れて、まるで夢の中にいるような華やかな舞台が繰り広げられます。
 連理の紙から紙吹雪が舞い散り、コミカルなポンポンスティックでは軽妙なおしゃべりで観客を引き込みます。
 まさにアイドルマジシャンの王道です!!リングの演技では、素晴らしい照明と華やかな衣装がキラキラ光るリングに映り込んで素晴らしい演出効果でした。これには会長も感嘆の賛辞を与えられておりました。

 お客様のサインしたカードが未開封のポテトチップの中から現れた時は、観客席から大きな悲鳴が聞こえてきました。
 最後は見たこともないような大きなタンバリンから大量のシルクが出現してエンディングは大きなシルクの旗出て、あっという間の夢舞台でした。観客の、ふ〜〜〜〜〜っと言うため息が印象的でした!!

 最後のお楽しみは荒木会長コーナーです!!
 いつもいつも見たこともないマジックを、さらりとこなして2度と見られないという、なんとももったいないマジックです!!
 よくもまあ何年も何年も毎回毎回違ったマジックが考えられるものだと、会長のものすごい頭の中を覗いてみたくなります。
 それもマジックのレベルが超高難度、超不思議なのがまた驚異的です!!このマジックが見られるだけで、またプリあらに参加したくなります!!
 今日のマジックは 藤原邦恭さん考案という、窓の開いた封筒の中でお札がどんどん増えてゆくと言うなんとも不思議なマジックの会長アレンジでした。
 分かり易いトークで繰り広げられた魔訶不思議なトリックは、目の肥えたプリあらの観客をうならせていました!!
 瞬く間に素晴らしいマジックショーが終わり記念撮影。次回は、なんとテレビでおなじみのからくりどーるさんのマジックショーです。さらに、プリあらマガジンの最新号No.28が発売になります。定期購読者の方には、特典の会長レクチャーDVDがプレゼントされますよ〜。
 見逃せない舞台です。皆様、また次回もお楽しみに〜〜〜!!

1月8日(火)
古川 令

 2019年最初のプリあらの恒例イベントは、1月8日の荒木会長宅でのバースデーパーティでした。今年も各界から総勢100名近くの方々がiStudioに集まりました。
 プロのマジシャンだけでもケン正木さん、藤本明義さん、魔耶一星さん、タジマジックさん、五十嵐ひとみさんなどで、さらに竹たけをさんとわか葉さんがMCという豪華さでした。ヒロサカイさんはご都合がつかなかったそうですが、プレゼントが送られていました。また、真夜中には、ぺるさんが駆け付けてお祝いされたそうです。
 7時過ぎにケン正木さんの乾杯で開宴、今年もプリあらスタッフの女性陣による美味しい手料理が並びました。毎年料理に工夫があり、今年のメインは比見かなえさん作の大きなローストチキン。1時間以上じっくり焼かれて、中のガーリックライスも美味でした。
 パーティ前半のクライマックスは、恒例の巨大なバースデーケーキの登場です。銀座プランタンでパティシエをしていた佐藤理恵さんらにより、今年も趣向を凝らしたケーキが作られました。よく見ると、なんとフルーツのひとつひとつが飾り切りという手の凝りようで驚きました。

 その後は毎年恒例のケーキと一緒に記念写真。様々な業界の方が集まっているので、そのグループ毎に撮影をし、最後は全員での記念撮影。カメラに入りきらないくらいの人数で、とても盛り上がりました。

 続いては、荒木会長がパーティー参加者の一人ひとりを紹介され、紹介された参加者が会長へのお祝いの言葉と共に持参したプレゼントの披露するという、恒例のプレゼントのコーナーです。
 一人一人が、荒木会長との思い出や、プレゼントを選んだ理由を説明します。会長の鋭い突っ込みが笑いを誘い時間を感じさせません。

 今年はマジシャンの誕生日プレゼントが印象に残りましたので、少しご紹介します。乾杯のケン正木さんがマジシャンのトップバッターで登場され、ジュエリーボックスのプレゼントの後に、スマホマジックを2連発、一気に盛り上がりました。前半はスマホの画面の擦った部分が透けるという初めて見る現象で、その後、その穴をシルクが貫通。ビックリです。

 タジマジックさんは入浴剤1年分で笑いをとった後、チョークだけで描かれた荒木会長の似顔絵〜、これは凄い!!
 藤本明義さんは、色が違う3つのダイスの目を透視して当てる超メンタルマジック。藤本さんの新境地です。
 MCの竹たけをさんは、オリジナルのエニーカードエニーナンバーを見事に決め、その解説DVDを会長にプレゼント。続けて、4×4マスの数字で会長の誕生日が予言されているマジック(どの日にでも設定できる)でした。このマジックは、プリあらマガジン最新号(No.27)に収載されています。

 私と生年月日が同じ山田秀樹さん、いつも素晴らしい自作のマジックグッズをプレゼントされます。今年も素晴らしく、さらにプレゼントのストーリー性と話術が加わって、本当に感心させられました。
 私からのプレゼントは希少性(国内1店舗でしか買えない)と残って困らないものという2点から、家内の従弟が宝塚市とコラボして開発した鉄腕アトム、ブラックジャック、リボンの騎士とベルばらのカレー4種(宝塚北インター限定品)。それともう一つ、紅白にも出場されたメイガスさんが監修された大阪城横に昨年できたイリューシンミュージアム限定品のミルクやコーヒーが注げるティーカップ型クッキーとしました。

 これだけの人数ですから、プレゼントが似たりダブったりもあります。私の場合は、お米をプレゼントに選ばれた竹たけをさんが「古川さんのカレーと一緒にどうぞ」と言って下さり、プロデューサーの新田さんもカレーで、「実はカレーは荒木会長の大好物」との話で逆に良かったです。

 荒木会長へのプレゼントは、金額の問題ではないので、何が良いか毎年悩みます。何かしてあげた人がステップアップする事を見るのが自分の幸せという荒木会長なので、私の場合にはFISMで結果を出してBGMを編集頂いたお礼ができればベストだったのでしょうが、それは来年以降に残しておきます。
 荒木会長は友人を大切にするという話の中で、舞台での照明と音響の大事さにも触れられました。片腕だった照明担当者が無くなって、予定公演を中止した事や、音響担当者との連携で、クリスマスパーティのステージで、パッションローズの出現に合わせて荒木バンドが消える演出などでの信頼関係のエピソードも紹介され、プロデューサーとしての演出へのこだわりも感じました。
 プレゼントコーナーのトリは、かつての荒木一郎氏の付き人だった黒川浩行さん、今は飛ぶ鳥を落とす勢いで、各賞を受賞されている名プロデューサーです。かつての俳優荒木一郎氏の無茶振りのエピソードなどが面白おかしく披露されました。
 荒木会長のテーマは常に「友達とのつながり」です。荒木会長の人生観では、意識するしないに関わらず、自分が何か相手にしてあげて、その結果として相手がステップアップできる事に喜びがあるとの見方です。相手が幸せになる事で自分も幸せを感じられる。逆に相手が不幸になると自分も困るというように、相手の人生も自分の人生に重ねているようです。人とのつながりを大事にされる結果として、毎年多くの人が1月8日のバースデイパーティに集まるのだと思います。
 「来年は皆がワンランク上がった状態で会いましょう」という荒木会長の締めの言葉は12時前、その後も会談する人、ふるまわれた生牡蠣や料理を楽しむ人、そんな感じで平成最後の年の大イベントが終了しました。
 今年も荒木会長をはじめ、スタッフの皆さまのおかげで楽しい時間を過ごす事ができました。改めてお礼を申し上げます。2019年がプリあら関係の皆さまにとって素晴らしい年である事を願っています。


このページは2003年からの「プリあら会」日記です。2018年版の日記を読まれたい方は年号をクリックしてください。
その他の年号の日記を開きたい方は、一旦、ホームページに戻って、下欄の表から、その年をクリックして下さい。