1 2 3 4 5 6.コイン 7.card 8 List
 お申し込みは、右の花火をクリックし、住所氏名と希望グッズを明記してメールするか、FAXにてお願いします。FAX  03-3425-2082 プリンあらモード会/事務局
 注・グッズ名の他にリストにある商品ナンバーを必ず書き込んで下さい。また、プリあらマジックグッズは、常に内容が変化しますから、ときどきすべてを見直してみて下さい。新しいアイディアや、情報などを随時折り込んでいます。グッズの値段も変わったりしますよ。
カラーブロック・エスケープ
マトリックス・ポーカー
 6つのそれぞれ違った色のブロックがあります。6つのカラーブロックのうち、二人の人にそれぞれ色を選んでもらいます。赤と緑だったとします。 6つとも、黒いケースに並べて入れます。フタをすると、フタに6つの穴が開いていて、穴を通してそれぞれの色が見えています。

 さらにブロックの中央に開いている穴とケースの穴に横から棒を通してブロックを止めてしまいます。
 ケースを逆さにして、フタを開くと赤と緑のブロックだけがテーブルに落ちます。そのまま、ケースを上に向けると中心の棒はしっかりとブロックに通っていて、二つのブロックが抜けたあとだけが、空間になっています。
 プリあら価格は、日本語解説付きで、なんと250円です。マジックショップでは800円で売っていますよ、同じものが。

これは、おすすめですね。今、米国で凄く人気になっているマジックです。もともとは、昔からの原理を応用したものですが、なかなか頭のいいバリエーションになっています。
 これを製作したジム・ステインミーヤーという人は、クリエーターとしての実力を十分に持っていて信用が出来ます。ですから、彼の作ったものは、いちおう、目を通しています。

 現象は、
 財布を示して「ゲームをしましょう」と言い、「この財布にはゲームの目的が書かれていますが、それは後で見せますね」と、テーブルに置きます。
 次に、カードケースから1〜16まで書かれた16枚のカードを出して並べます。客に、その数を指定して行って4枚のカードを選んでもらうのですが、ゲームのように進行します。客の選んだ数字を足すと、ある金額に成ります。財布を開けると、小銭まで含め、ぴったり、その金額が入っているだけではなく、クライマックスは、ゲームの目的です! そこには驚くべき結果が現れてしまいます。
 初心者でもベテランでも、誰でも出来ます。とにかく、やれば人気者です。超おすすめ!「プリあら価格」は、財布とカードとカードケース、日本語解説付きで2350円です。米国では、$20.00、日本ではまだ販売していませんが、出れば3500円以上はします。

木製・カラーブロック・エスケープ
ロング・ロング・ロープ
 上記と同じ現象、同じグッズですが、木製で美しく作られています。なかなか人気のある製品なので、やはり、本物を用意しておいた方がいいと思い、グッズカタログに載せました。
 アメリカでは12ドルしていますが、プリあら価格は、900円です。
ラッキーロープという名でも販売されています。日本では、1500円です。
 長いロープを見せ、これをマジシャンは、適当に引っ張っているうちに、4つの結び目をつくってしまいます。ここで拍手が来ます。
 次に、音楽に載せてむすびめを引っ張ります。結び目を持ち上げて行くと、ひもはいつのまにか独立し、一本の輪になってしまいます。
 二つ目の結び目、三つ目の結び目と引っ張り、次々、とロープが輪になって独立して行きます。最後に、5つの輪を作って終わりますが、ロープはすべて客に調べてもらうことも出来ます。
 プリあら価格は、600円。
腕ギロチン
落ちるハンカチーフ
 西洋では、「Disecto」と呼ばれている素敵な製品です。日本で買うと、12000円します。
 とても良く出来ていて、怖いです。
 マジシャンが自分自身の腕を落とすのに向いています。誰が見ても腕を切ったようにしか見えません。
 仕掛けは、とても簡単に出来ているので、誰にでも扱えます。使い方は、色々と考えられます。
 このすてきなギロチンを、プリあら価格は 4300円3500円でいかがでしょうか。
 原題は「Uncanny Hanks」
 色の違う三枚のシルクが帯に結んであります。観客に好きなカラーを指定してもらうと、そのシルクだけ結び目が自然に取れて床に落ちて行きます。三枚を順に落として行くことが出来るので、ピストルで撃つような設定なども考えられます。

 同じようなグッズでハンガーから落ちるのがありますが、落ち方はこちらの方が結び目が解けて行くかんじが奇麗で不思議に見えます。
 そのビジュアルな効果は、演じたときに際立つので、思った以上に客の反応を得ることが出来るでしょう。
 シルクも帯も付いて、たった700円です。シルクだけでも高価なんだぞ!?と言いたくなりませんか。
 写真では、しわが目立って今一つさえませんが、実際にはすべてにアイロンかけてもっと美しく演じられます。帯は純白に金モールです。シルクは他の物でも出来ます。
 販売終了です。

古典・剣呑みの術(インドマジック)
ケナードのミステリー・ボックス
 去る3月9日の例会において、荒木会長が自ら演じたインドの古典マジック、剣呑みの術。これは凄い。あまり日本では演じる人が少ないようですが、ほんとに良くできた仕掛けで、誰でも簡単に出来ます。そのくせ、観客は思わずごくっと咽を鳴らすほどに緊張させられる、素敵な魔法です。
 これを購入したら、ゴージャスなベルベッドなどで、奥さんにでもサヤを作ってもらって下さい。スラリと剣を抜いたところで、ギラリと光る剣の輝き。誰もが「あの長い剣を呑むなんて、そんなバカな」と思うはずです。

 日本ではあまり扱われていませんが、4000円で販売されています。
 プリあら価格は破格の1800円1200円

 面白いマジックです。こんな面白いものが、隠れているんですね。あまり演じられるところを見るチャンスがありませんが、傑作です。
 木製のいかにもインド風のボックスがあります。両側が開いて中が見えます。横には小さなマジックウォンドを通す穴が開いています。
 マジシャンは、まずケースを客に渡して調べてもらいます。次に、小さなリングを客にわたし、調べてもらったあと、ケースの底に置いてもらいます。ケースの両側のとびらを閉め、わごむをかけます。次に両サイドの穴からウォンドを通し、その両側を客に持ってもらいます。

 おまじないをかけ、客にウォンドの両サイドを持たせたまま、ハコの両側の扉を開きます。すると、いつのまにか、ウォンドの中央にリングが通っています。ウォンドの両サイドを客がしっかりと押さえていたはずなにの???
 日本では2000円で販売されています。販売終了です

ボール・スルー・ボルト
クラッター・ボックス
 これは面白い! 「プリあら」推薦グッズと言っても良いでしょう。ボルトとナットとそれを通すシリンダー、そして鉄のボールを客にそれぞれ改めてもらいます。
 シリンダーには、ボールが入る穴が開いています。そこにボルトを横に通してもらい、ボールを載せてもボルトによって下に落ちないようにします。
 ボルトはねじ込み式になっていますから、しっかりとシリンダーにねじ込んだ形になり、動きません。穴に鉄のボールを置き、超能力的パワーにより、ボールは客の目の前でシリンダー内に沈んで行きます。そして、ボルトを貫通して客の手の上に落ちます。
 直ぐに穴を見せますが、もちろん、鉄のボルトは入ったままです。ボルトをねじから抜いて、それぞれ調べますが、異常はありません。良く考えられている種です。初心者にも出来ます。マジックファンなら、絶対にひとつは持っていて下さい。
 日本では3800円、海外でも30ドルしています。「プリあら価格」は、なんと1850円1300円。それに丁寧な日本語の解説書まで、つけてあります。あり得ません。
 まず、とても美しいボックスです。マニアだと、ひとつは持っていたくなるグッズです。写真だとちょっと分かりにくいかも知れませんが、コレクションとして飾って起きたいマジックグッズのひとつです。

 現象は、
 美しいボックスの扉を開け、中からシルクのハンカチを取り出します。ボックスを観客の一人にわたし、取手を持って下げていてもらいます。シルクの他には何も入っていません。
 マジシャンは、扉を閉め、そのシルクを123の号令と共に消すのですが、同時にボックスの扉を開いてほしいと頼みます。「シルクは、一瞬にして箱の中に戻ります」と説明します。
 号令が掛り、客が扉を開くと、結果は・・・ボックスはいきなりバラバラに飛び散り、床に落ちます。客は、取手を持っていたために、フタの部分だけが残ります。が、そこからシルクが垂れ下がっています。
 笑いと不思議が入り交じる、クラフツマン・シップの美しい箱が引き起こすイリュージョンです。
 アメリカでは$45.00の品物です。日本では10000円します。「プリあら価格」は、3100円、この値段は今回限りです。
 在庫がなくなりましたので、終了します。

コブラ・タイ
ゴースト・ダイ
 日本のディーラーでは、「コブラのネクタイ」として、6800円で販売されているグッズです。それを、今回限りの値段、3300円でお分けします。と書きましたが、好評につきしばらく3300円2500円で続行します。欲しい方は申し込んで下さい。

 現象は、マジシャンが自分でしめているネクタイを外して客に改めさせます。客から借りることも出来ますが、自分のしめてる物の方が良いでしょう。これをトグロを巻くようにしてミニテーブルの上に置きます。
 マジシャンが笛とかフルートとか口笛を吹くと、なんと、ネクタイがコブラのように動きだします。30センチも上がったところで、今度は徐々に下がって行きます。元に戻ったところでネクタイを取り上げ、そのまま調べてもらい終わります。誰でも出来ます。糸類は使用していません。

 四角い窓の開いたケースを客に改めてもらいます。中敷に使うスティールも、同じように客が改めたあと、ケースの中央に差し込み、ケースを上部と下部に分けます。上から下にはスティールがあるので、抜け出ることは出来ません。ダイスをケースの上から入れます。
 当然、中敷があるのでダイスは、ケースの上部にとどまります。その状態は正面の窓からはっきりと見えています。が、次の瞬間、ダイスは下部に向かってスティールをすりぬけて落ちて行きます。
 完全に、ダイスが下の窓の所まで落ちたら、マジしゃぉんは中敷のスティールを取り除きます。ケースを持ち上げると、ダイスはしっかりと床まで落ちています。ケースの中には、もちろん、何もありません。
 ゴースト・ダイは、日本のディーラーでは、12000円で販売されています。「プリあら価格」は、今回限りですが、2100円でお分けします。
 在庫がなくなりましたので、終了します。
シェル・ゲーム
フラワー・ポッド
 古典マジックの廉価版です。
 現象は、3つの小さなカップの一つに白い玉を入れて、3つのカップを適当に動かします。
 客に、どこに白玉が入っているかを当ててもらうのですが、何度やっても当たりません。
 とても楽しいマジックです。誰でも出来ます。赤いプラスティックの小さなカップ3つと玉がついています。日本語解説付きで250円です。
  マジシャンは、空の植木鉢を持っています。魔法使いのように、マジック・ウォンドを、その植木鉢の上で振ります。そして、三回、植木鉢をウォンドで叩くと、突然、花が咲きます。プリあら価格は1000円です。
エヴァフィリング・グラス
スクァード・オフ
 グラスにジュースやミルクなどをいっぱいにつぎます。マジシャンは、まず一気に飲みます。またついで、また一気に飲みます。飲んで空になったグラスをハンカチで隠すといつの間にか満杯になっています。また、マジシャンは飲み干します。が、いつのまにか、グラスはいっぱいになっています。
 いつまでも客があきるまで繰り返すことも出来ます。
 コミカルな味がある、とても楽しいマジックです。市価では、2500円で販売されています。「プリあら価格」は、日本語解説付きで900円600円です。お試し下さい。これはほんとに面白いですよ。お薦めします!!
 2枚のカードの間に、四角い形の薄い鉄片を挟みます。2枚のカードには、小さな穴が開いているので、そこにビスを通します。中の鉄片を引っ張っても、ビスが引っ掛かって取ることは出来ません。客にも確認してもらいます。次の瞬間、マジシャンは鉄片を音もなく外してしまいます。鉄片のどこにも破れ目や、スリットは入っていません。もちろん、カードの穴も破れてはいません。マジシャンは、ビスを外して終わります。米国では12ドルです。
 プリあら価格は、絶妙なプリあら手順の解説付きにもかかわらず1100円です。 販売終了

 

バッシュフル・ロック
チェーン・エスケープ
 写真のような鍵があります。ロックされていて客が両手を使っても開くことが出来ません。マジシャンは、ほんに片手のみで、わずか1秒で開いてしまいます。
 客が、もう一度と挑戦しますが、やはり、キーはロックされたまま開くことは出来ません。

 小物ですが、ピリリと辛い。一瞬にしてキーが開いてしまうところは、摩訶不思議! 米国で通常5ドル、安いところでも3ドル20セントはします。
 「プリあら価格」は、プリあらオリジナル手順の日本語解説書付きで400円です。

 これはお買い得、脱出王フーディニもこの値段にはびっくり!!直ぐ下の写真は、40ドルする「チェーン・エスケープ」です。日本では7000円以上です
 下にあるのが、「プリあら」が紹介する製品の写真です。小さく見えますが、実物は上のものとあまり変わりません。しいて言えば鍵が貧弱です。鍵は買い替えてもいいでしょう。
しかし、このままクロースアップで演じても素晴らしく、しかも素敵なマジックになります。
 両手を写真のように鎖でがんじがらめに縛り、鍵をかけます。ですが、一瞬にして、マジシャンは脱出してしまいます。誰にでも出来ます。米国では、こちらの製品が7ドルで販売されています。

『プリあら価格』は、日本語解説付きで、なんと550円です!!!!

バスタブのブロンド美女
ミルキー・ダイ
 これは、またまた面白いグッズです。グリーンのバスタブに、良くしつけたブロンドの女性を入れます。ブロンドはマジシャンの言うことを良くきいて後ろ向きでも前向きでも、はたまた逆さまでも、大人しくバスタブに入ります。
 しかし、ひとたび相手に渡すと、ブロンドは言うことを聞きません。どんな入れ方をしてもバスタブには絶対に入らないんです。嫌がってバスタブからポーンと飛び出してしまったりもします。やはり、マジシャンへの忠実性は絶対なんですね。
 『プリあら価格』は、日本語解説付きで550円です。とにかく、どこでも出来て、誰でも出来て、面白い!!推薦します。
 マジシャンは黒い四角の入れ物を見せます。ミルクの入ったコップから、四角い入れ物の中にミルクを注いで行きます。
 コップ2/3くらいのミルクを入れたら、入れ物を逆さまにします。ミルクは落ちて来ません。その変わりに、白いダイスが出てきます。入れ物の中には他に何も入っていません。ミルクはどこに言ったのでしょう!?

 マジシャンは、ダイスをふたたび入れ物の中に戻します。そして、入れ物を逆さまにします。コップに向かって入れ物を傾けると、ミルクが出てきます。コップに元の状態にミルクが入ったところで終わります。

 「プリあら価格」は2500円です。販売終了

ニュートンズ・ナイトメヤー
硬くなるシルク
このマジックについては、発表されて直ぐに手に入れて知っていました。でも、ヒロサカイさんも「プリあら」会長も、なんとなく気にいらない・・・気分的に・・という感じで、そのままにしていました。
 でも、大人気商品なので、いちおう「プリあら価格」を発表しておきます。
 どうしても欲しい方は、この値段の方が良いでしょうから、申し込んで下さい。
 日本では、2000円、米国では15ドルのグッズです。「プリあら」では、1430円900円です。
 現象は、笛のような筒の中から引力を消してしまい、物体が落下する速度を極端に落としてみせるという、そんな実験が出来るマジックグッズです。ニュートンも驚き!!
 マジシャンは、くしゃくしゃに丸めた、あるいは、ポケットチーフとしてポケットに畳んで入っているシルクを開いて見せます。普通のシルクのようです。
 これを対角線上に軽くしぼって見せます。そして、棒のようにしてまっすぐにしてもち、手を離すとシルクはたったまま、崩れて来ません。そのトップに皿回しをするように丸い玉を載せますが、シルクは、やはり崩れて来ません。
 丸い玉を取ると、シルクはへなへなと崩れ落ち、普通の何でもないシルクに戻ります。なかなか面白い現象です。とくに、玉を取って落ちるときの落ち方が、いかにも普通のシルクに戻った感じで、お奨めです。

 写真では、シルクをそのまま玉を載せていますが、実際は、上記の解説のように、絞って棒のようにして見せた方がいいでしょう。
 米国では$10.00 日本では、2940円。「プリあら」では、日本語解説付きで1150円です。

聖水を呼ぶ壺
文字盤のペネトレーション
 金色の美しい壺があります。この壺は、置いておくと自然に部屋の湿気を吸収します。しかも、壺は、湿気を吸収するだけではなく、それを聖水に変えてしまいます。
 この黄金の壺、たった360円でお分けします。
 この「プリあら」ルーティーンによって、このマジックが生きて来ました。一家にひとつ、備えておきたい壺、いや、マジックです(^O^)
 友達の部屋を訪ね、この黄金の壺を取り出し、前記のように話します。すると、壺に水が溜まります。聖水が出来ましたと言って、それなりの入れ物に入れます。壺を逆さに振って、聖水が一滴もなくなったことを確かめ、そこに置きます。まだ部屋には湿気があるので、そこから聖水が出来るはずです。と、ふたたび、つぼを傾けると聖水が出現します。これを何度も繰り返すことが出来ます。
 古典的な作品を、サロン、あるいはクロースアップに作りかえたマジックです。
 現象は、透明なプラスティックで出来た時計の文字盤があります。その上には針が乗っていて、これを自由に回転させて時間を指定することが出来ます。プラスティックの板は、どこにもすき間や穴などは開いていません。
 客に触ったり叩いてもらったりした後、好きな時間を指定してもらいます。マジシャンはその時間に針を動かします。そして、指定された時間のパネルに、針に描かれた星を通してシルクをゆっくりと通して行きます。
 シルクは時計の文字盤を通り抜け、向こう側に貫通してしまいます。モチロン、パネルを見せても瑕ひとつ付いていません。シルク以外、鉛筆やリボンなども通すことが出来ます。
 オルゴールを掛けながら演じたくなるロマンチックな作品ですね。米国では15ドルです。日本では3000円以上します。プリあら価格は1300円です。
インディアンの風車
マジック・ライト・バルブ
 『プリあら・マジックグッズ』一番人気のグッズです。4月10日の「プリあら日記」に、このグッズの話が出ていますが、とにかく、一番の売れ行きを示しているこのグッズ、マジック好きなら一人にひとつは持っていたい!!
 ハマック柳田さん、上口龍生さん、ミステラさん、プロマジシャンでも、見れば誰でも欲しくなるこのグッズ。「プリあら価格」は、日本語解説付きで、たった300円。今すぐ、オーダーナウ!!

 現象は、黒い棒を使ってマジシャンが風車を回しますが、同じようにしていながらも、マジシャンの命令一下、右にでも左にでも、自由自在に風車の回る方向をあやつります。もちろん、素人がやったのでは、風車は言うことを聞きません。このメカニズム、一体どうなってるのでしょう。誰も解くことが出来ません。

 いわゆる電球が、マジシャンの都合で点いたり消えたりするマジックです。マジシャンが望むところ、どこでも点きます。電気のコードも、コンセントも要りません。
 お客さんに渡しても、なんの変哲もない、その辺で買って来た電球にしか見えません。もちろん、気合いを掛けても電気が灯ったりはしません。

 しかし、一旦、マジシャンの手に戻ると好きな時、好きな場所で裸電球のまま灯が灯ります。懐中電灯代わりにもなります。暗いところも照らせます。おつりを落としたときに、「くらいなあ・・」などと言いながら、ふと、バッグから電球だけを取り出して点灯させたら、周囲にいる人はびっくりするでしょう。
 「プリあら」価格は、日本語解説付きで650円です。「プリあら」のグッズ製作室長・山田さんが、「これは良くできてる。絶対、買いですよ」と絶賛しています。フローティング・ギミック付きもあります。

ミニチュア・ダイ・ボックス
 小さな帽子がテーブルに置かれています。そして、小さな銀色のボックスがあります。それには、2つのコンパートメントと4つのドアが付いています。観客は箱の中が空なことを確認し、四角い銀色の目のないサイコロを箱の中に入れます。4つのドアを、閉めます。
 マジシャンは、「箱からサイコロが消えます」と言い、片側の扉を開けると確かにサイコロは見えません。その扉を閉めてから、反対側の扉を開きますが、そのとき箱を斜めにしてサイコロをあたかも反対側に寄せるような動作をします。それと同時にサイコロが滑って行く音が聞こえます。
 その後に、扉を開きますが、サイコロは見えません。子供たちは、反対側の扉を示して、そっちを開けろと言います。マジシャンはうなずいて、言われた扉を開きますが、そのときに、ふたたび箱をかしげて、あたかもサイコロを反対側に移すような動作をします。それと同時にサイコロが滑って行く音が聞こえます。その後、扉を開いてサイコロが消えてると言いますが、子供たちは納得しません。両方の扉を同時に開くように観客が騒ぎ出します。そこで、マジシャンは二つの扉を同時に開きます。
 すると、サイコロは本当に消えています。上側の扉も含め、4つの扉をすべて開き、箱の中がまったく空であることを示します。サイコロは本当に消えてしまいました。
 そして、驚くことに、隣に置かれている帽子の中からサイコロは出現します。
 このマジックは、ステージで演じられるダイ・ボックスのミニチュア版です。奇麗に作られています。「プリあら価格」は、日本語解説付きで驚異の550円です。
アイアム・ボーンズ
オート・ミルコ
 これは「バスタブのブロンド美女」と同じ製品です。ただ、バスタブが黒い棺に変わり、ブロンドが骸骨になっています。
 骸骨は、客が棺にいれようとすると言うことを聞きません。飛び出してしまいます。マジシャンのおまじないで、棺に納まります。

 
 「プリあら価格」は、同じ550円なので、好みで、お好きな方をどうぞ。なお、バスタブの美女と同じ日本語解説が付きます。

 二つのコップとコップの上下に重ねますが、間に一枚のプラスチックの透明な板をはさみます。上のコップにコーラやミルクなどの、色の付いた液体を入れます。
 もちろん、コップの底が抜けているわけではないので、コップに入れた液体は流れ出たりはしません。8分目ほど入れたところで、液体が漏れたりしていないことを確認し、シルクで軽くコップの前を隠します。
 マジシャンの両手は、シルクの外にあり、コップを触ったりは、絶対にしません。
 次の瞬間、マジシャンはシルクを取り除きますが、なんと、上のコップに入っていた液体は、いつの間にか下のコップに移っています。

 なかなか良くできたしかけです。昔からあるマジックですが、意外にマジシャンが演じている姿を見たことはありません。日本では同じものが3500円で販売されています。「プリあら価格」は日本語解説付きで1030円800円です。面白い奇術ですから、ぜひ、ためしてみてください。この価格なら、安心です。

新・ニードル・スルー・バルーン
バニシング・フルート
 お馴染、風船に長い針を刺しても割れないというマジックです。長い針には、太い毛糸のような糸をつけて、それを通すことも出来ます。

 風船にしかけがあるので、練習などで、使ってしまうのがもったいないと考えているマジシャンや、アマチュアの方がいますが、大丈夫!
 プリあら会では、風船のレフィルも極安で用意していますよ(^O^)v
 値段の方は、米国では、15ドル前後で売られています。日本でも2000円以上です。
「プリあら価格」は、日本語解説付きで1150円。今までのものより針がとがっていて、扱いが楽です。風船(10個付き)も入っています。箱のまま飾っておきたいなんて言われるほど美麗な包みです。
 レフィルの風船は、20個で、500円です。

 マジシャンは、譜面とフルートを持ってきて、演奏を始めます。美しい、あるいは下手なフルートの音色に、観客はうっとり、あるいは、不快な表情をし、手を叩き、あるいはブーイングをします。
 マジシャンは、ちらりと観客を盗み見て、いきなり呼子のような高い音を鳴らしますが、その瞬間にフルートは゛とこともなく消失してしまいます。

 やり方は、色々と考えられます。
 譜面にくるんで消す方法や、両手に持って放り上げるようにして消す方法などなどです。演奏をして、消すというのがなんともいい感じです。
 さて、プリあら価格ですが、外国では$31.50の品もので日本では4500円くらいで販売されています。
 今回は、Fantasio製の上記と同じものを、超破格値の2300円でお分けしましょう(^O^)v

ニードル・バルーン・ウォンド
マジック・スポンジ・セット
 これは凄いグッズです。といっても、上記の「ニードル・スルー・バルーン」を持っている人にとっての必需品です。この美しいウォンドは、マジックウォンドとしても使えますが、風船を通すニードルを保管して運ぶことが出来ます。
 そして、それだけではなく、一回一回グリセリンを針に塗ることが出来るんです。ただ針を入れておくだけで、ステージの度に、それに必要なグリセリンを多くもなく少なくもなく、針に塗ることが出来るという、とにかく、「ニードル・スルーン・バルーン」をお持ちの方は、絶対の必需品です。
 米国で12ドルですが、日本では、あまり知られていません。「プリあら」ならではのグッズですが、これを1200円、そして、これも素敵なクロースアップ風のウォンドを800円で紹介します。これはおすすめですよ。
 スポンジ・ボールは、マジックの代表選手のひとつです。なんとなく難しそうと思っている人や、あまり魅力的ではないと思っている人もいますが、良い手順やテクニックを知ると、これはなかなか捨てがたいものです。
 「プリあら」グッズの4ページに、かなりお勧め度の強いスポンジ・ボール・レクチャーDVDが載っていますが、ちょっとでも興味のある人は、ぜひ、購入してみて下さい。価格も980円と、入門者には手ごろな値段ですね。

 さて、「マジック・スポンジ」ですが、写真のような直径、3.2センチのスポンジボール4個組のセットです。スポンジ・ボールを演じてみたい初心者向きのセットです。中に英語の解説書も入っていますが、前述のDVDがお薦めです。
 1組200円です。今日から、スポンジ・ボールをレパートリーに加えてみませんか。

ビーン & ボトル
オンリー・ワン
 昔、懐かしい手作りマジックの代表作品ですが、これを奇麗に作ったものです。
 やはり、マジックは、道具が奇麗だと不思議さや楽しさが倍増します。実際に、手作りのときはそんなものかと思って敬遠していたマジックが、こういう風に奇麗に作られ、やってみると、なかなかの面白さに盛り上がります。

 現象は、ボトルの上に写真のようなリングを乗せせて、その上に豆を乗せます。リングの端を指で叩いて、だるま落としの要領で勢いよくはね飛ばすと、豆は落下して見事にボトルの中に入ります。
 客がやってみると、いくらやっても出来ません。マジシャンは、一発で入れることが出来ます。演じているほうが、面白くなって来るマジックです。ラストに、飾りに付いているヒモを伸ばして、これを手刀で気合いを入れて叩きます。すると、豆は見事に狭いボトルの口を抜け、中に落下します。
 この楽しいジャグラー・マジック、「プリあら価格」は、日本語解説付きで、たったの250円です。

 マジック・バイ・ゴッシュの製品です。スポンジボールのルーティーンですが、マジシャンは、3つのスポンジボールを左手に2つ、右手に1つ持ちます。まじないをかけると、左手のボールが3つになります。これを繰り返したあと、今度は客の手にボールを二つ握ってもらいす。ひとつはポケットに入れます。手を開いてもらうと、ボールは3つになっています。
 もう一度、2つのボールを客に握ってもらい、「いくつボールを持っていますか?」と聞きます。客が2つと答えますが、「でも、こちらに1つ戻って来てます」とマジシャンは手を開いて1個のボールを見せます。「さあ、いくつでしょう?」
 客が手を開くと、大きな1の形をしたスポンジが出現します、
 このマジックには、おまけが付いています。実はこのオマケの方が本格的なんです。黄色いボールが一つと、財布の留め金の部分が付いて来ます。これを使って別の、もっと本格的なルーティーンを演じることが出来ます。
 米国では、10ドルで販売されています。日本では、2570円、「プリあら価格」は、日本語解説付きで、1/3の830円です。
バルーン・ペネトレイーション
エスリール・ソルト・シェーカー
 おなじみ、筒の中にバルーンを入れて膨らまし、鉛筆で刺します。が、バルーンは破れません。二本の鉛筆を十字に刺しても、やはり、バルーンはそのままです。
 誰にでも出来て、魅力的なマジックです。しかも、廉価ですから買って失敗はありません。

 日本では、840円で販売されているグッズです。「プリあら価格」は、日本語解説付きで、500円300円です。

  超お奨めのマジックグッズです。バーネットから出ているこのグッズは、とにかく面白いこと請け合います。ハマちゃんことハマック柳田さんも、見た瞬間に気に入って写真の通り、壺八君のあたまに塩をふりかけ始めました。
 この不思議な塩入れは、中に入っている塩を瞬時に消したり出したりすることが出来るだけではなく、手の中に塩を入れて消して見せたり、頭に振りかけて口から出したり、と、コメディマジックにも、クロースアップにも、色々と用途の広い素敵なグッズです。
 マジック好きなら、絶対に必需品。米国では、26ドル前後で販売されています。「プリあら価格」は、2400円。ぜひ、この機会にお求めください。
ハンカチーフ・ペデスタル
パーフェクト・ペン
 透明なコップを台にのせて、赤い筒を良く改めてから、かぶせます。筒を取ると、コップの中にあめ玉が入っていたり、スポンジボールが出現したり、はたまた、シルクのハンカチが移動していたりします。
 たとえば、バンゴーンと組み合わせると、消えたシルクが、こちらから出現!ということにもなります。色々な使い方があり、重宝なグッズです。
 アメリカでは25ドルします。プリあら価格は、2400円1700円です。
 お札やコインにボールペンを通して、穴が開いていないというマジック。
 お札を通す前にも改められますし、もちろん、お札から抜いた直ぐ後にも、そのまま相手に渡すことが出来ます。
 ジョン・コーネリアスが考案したパーフェクト・ペン。外国では48ドル。日本では7000円以上する製品ですが、プリあら価格は、今までの2800円から、さらに値下げを断行して、ついに日本語解説付きで2150円でお分けすることになりました。
 現在は、写真と異なりシルバーに輝く、ゴージャスなペンになっています。
 ぜひ、この機会に手に入れて下さい。
 超、お薦めです!!
スプリング・パズル
キー・アンド・リング・ミステリー
 これは、パズルです。ら旋の輪の中にリングが入っています。これをどうしたら、輪から抜いて取り出せるでしょう。

 昔からある、有名なパズルですが、ちょっとした息抜きに、あるいは、おみやげに格好なグッズです。
 米国では、2ドルで販売しています。日本では、500円です。
 「プリあら価格」は、200円!!
 これは、お隣りの「スプリング・パズル」と一緒に使うと、効果倍増のトリックです。まず、パズルを見せたあとに、「それでは、これを解いて下さい」と言って、「キー・アンド・リング・ミステリー」を見せます。マスター・キーにリングが入っているので、これを取ってくれというのです。さあ、どうやっても取ることは出来ません。これは、実はパズルではなく仕掛けのあるマジックだからです。仕掛けを知らなければ、絶対に取ることはできないように作られているんです。米国では8ドルで販売しています。日本では、2100円のグッズです。
 さて、プリあら会では、なんと日本語解説付きで650円400円でお分けします。

List 1 2 3 4 5 6.コイン 7.card 8 Top