1 2 3 4 5 6
引き続き、「プリあら」に参加されたマジシャン&パフォーマーの方々の紹介です。

 イリュージョンカンパニーで女性イリュージョンチームのリーダーとして、大活躍したのち、2014年、自身のダンススタジオblanc chatを立ち上げ、ジャズダンスやバーレスクを取り入れたショーダンスを指導。
 2009年頃からパッションローズ(荒木郎会長プロデュースのダンスグループ)の一員となり、メインダンサーとして活躍。レビューやキャバレーの世界観を取り入れたダンスとマジックとのコラボパフォーマンスを得意とし、「ダンサーマジシャンと」いう希少ジャンルに情熱的に挑戦し続けていらっしゃいます。

五十嵐ひとみ
さん

 酒匂悠希さんは、ファイヤーマジックの第一人者プロフェッサー・サコー師を父、古典奇術水芸の継承者 秋月小夜さんが母というマジック界のサラブレット。
 長身を生かした、ダイナミックなステージマジックを得意とされています。
 父と母より伝承された炎と水を武器に独自のクラシックなスタイルを追求、邁進中!期待の2世!新人マジシャンです。

酒匂悠希
さん

 ジャグリング、パントマイム、マジックを巧みに融合させ、その斬新なアイデアと緻密な構成が全世界で絶賛されています。
 2012 年に発表した「Hello Goodbye」という作品が動画サイトを通じて世界中に広がり、それを機に各国の フェスティバルやエンタテイメントショー、コンベンションに出演。観客を総立ちにさせるパフォーマンスで世界中を感動の渦に包み込んでいます。
 プリあらのゲストで演じてくれたショーも大感動でした。

池田洋介さん

 22才の頃よりダンサーとしてショーシアターレストランやディナーショー、TV、CM等で活躍。
 あらゆる分野のエンターテイメントを学び自分のショーに活かしているうちにマジックに出会います。
 24才の頃より本格的にマジックを勉強し、27才の時に新宿歌舞伎町にマジックバー「Calvados」をプロデュースし、30才でマジックバー「CUORE」をオープン。テレビや雑誌などメディアにも取り上げられ、大活躍中です。
 プリあらのオークションには、毎年欠かさず参加してくださいます。

心さん

 江戸時代から続く飴細工。熱い飴が、ハサミであっという間に動物の形に変わっていきます。
 その魅力に引き込まれ飴細工の世界へ弟子入りし、修行を積み3年で独立。現在は、企業のパーティや商店街のお祭り等、日本全国で活動中です。
 オリジナルキャラクターのうずらっしゅをはじめ、絵本から飛び出 したようなカラフルなもの、食品サンプルのようなリアルなもの、 似顔絵飴など、様々なモチーフの飴を作り上げます。

蜜咲ばぅ
さん

 カードマジックと「オシャンティ〜!」の掛け声を武器に関西で活躍中。
 吉本興業出身。トーク力を活かしたスタイルは「次世代のコメディマジック」と言われていますが、テクニカルなマジックも得意としています。
 名古屋のマジックバー「TRIANGLE&CO.」にレギュラー出演中です。。

オシャンティ斉田さん

 タップダンスをメインに、ジャグリング、バルーンアート、マジックなどを演じています。
 タップダンスは中野ブラザーズに師事し、「中野ブラザーズファミリー東京」メンバー
他、「out of theater」公演にも出演しています。
 劇場公演やミュージカル、高齢者施設や小学校などでも精力的に活動中です。

おちゃさん

 高度な技と愛嬌溢れるキャラクターで、大人から子供まで大人気の女性パフォーマー! アレンジ・ハプニング大得意・大歓迎、天性の大道芸人。
 ジャグリングやバルーンアート、マジックなど、様々な演目で構成されたお客様参加型の楽しいバラエティーショーを得意とします。

パフォーマーアッキーさん

 国内のみならず世界各国よりオファーを受ける人気の女性パフォーマーのKANA∞さん。
 世界の大道芸フェスティバルやコンテストで優勝、入賞多数。2014年にはサンフランシスコでフープダンスの神様たちが出演してきたFLOWSHOWに日本人初として出演されました。
 多くのアーティストのコンサートや舞台へ出演するだけでなく、演出・フープダンス指導もしています。
 最近では、2019年にシンガポールや韓国のイベントにゲスト出演され、道重さゆみSAYUMINGLANDOLL〜東京〜の演出。舞洲アンフィシアター,Legend Tokyoゲスト 出演。
 ハロー!プロジェクト演劇女子部『不思議の国のアリスたち』演出、出演。イタリア、オーストリア、スロバキアなど、各国より招待を受けてヨーロッパツアーもされました。今年、芸歴20周年を迎えるKANA∞さんのハットジャグリング&フープダンスは必見です。


KANA∞さん

 1998年、映画【ろくでなしブルース98】でデビューし以後、数々の映画、ドラマ、CM、舞台等で活躍されてる 俳優さんとしての経歴もお持ちです。
 マジックをはじめたきっかけは、テレビでみたアンビシャスカードで、それから遊びでマジックを楽しむようになりました。
 俳優時代ご自身で舞台をプロデュースした時に、芝居の中に初めてマジックをいれて披露されたそうです。
 現在は俳優業をやめてマジック、ダンス、イリュージョンを融合させたエンターテイメントショーラウンジ「L&S TOKYO」の代表兼マジシャンとして演出・出演されています。
 各種イベント、企業向けパーティー等では、美女のダンサーさんを従えてイリュージョンマジシャンとして大活躍中。


中野雄介さん

 Kanauknotさんは、日本屈指のマルチサーカスアクター:いはらつトムさんと、元体操競技日本一のアクロバットダンサー花火さんのユニット名です。
 懐かしい名曲に乗せ、2人綱渡りやダブルスポールダンス、高椅子倒立、オリジナル作製器具キューブなどの本格サーカス芸をドラマチックに演じます!鍛え上げられた肉体が雄弁に語るストーリー!
 2015 ポールダンス世界大会コメディ部門優勝 2007 綱渡り世界大会 第10位 2017 シークルストリートパフォーマンスコンテスト優勝 2017 静岡クリスマス大道芸 優勝 2018 第一回NAGOYA大道芸フェスティバル優勝 2019*ふくやま大道
 芸準グランプリなど、輝かしい入賞経験をお持ちのお二人です。クロワッサンサーカスのメンバーとしても国内外で活躍中。
 2021年のCB ファミリー・クリスマスパーティーにゲストとして出演され、素晴らしいアクロバットを披露してくださいました!

 
いはらつトムさん
花火さん
Kanauknotさん

 世界初!本格的日本人女性フレアパフォーマーの第一人者SHOKOさんは、ボトルやシェーカー、グラスなどを用いて曲芸的なパフォーマンスをしながらカクテルを作るフレアバーテンダー。
 フレアバーテンダー歴は、14年。。4本から足に挟む「SHOKO Quattro Flamingo」は、世界でSHOKOさん一人しかできない技です。
 国内大会で2回準優勝を遂げ、グアムでの国際大会で優勝し、SHOKOさんならではの世界感を持ち、オリジナルのストーリーショーを世界各国で披露しています。
 また個性あるキャラクターで企業のPR広告、CM、映画、テレビなどのメディアでも大人気。SHOKOさんは、今までにない新しい世界観を創り上げるプロフェッショナル・パフォーマーです。


SHOKOさん

 mario rasoさんは、イタリア国内をメインに活躍中のマジシャンです。「3歳からマジックをしています。現在56歳なので、芸歴は53年です」とは本人の言。
 「イタリアには、magicショップがなかったので、中学生のころから、道具はすべて自作、サムチップなども自分でつくっていて、購入したグッズの中で、一番感動したのは、マーカテンドープロダクツのアピケンでした」と話してくれました。
 クロースアップ、ステージマジック、なんでもこなされるmarioさんですが、大得意なmagicは、ハンドシャドウです。
 マジックトリックのクリエイターでもあり、オリジナル作品の開発に意欲的に取り組み、ここ数年は日本でもレクチャーを行なっています。
 また、イタリアでは、いくつかのテレビ番組にも出演。最近では、Juan Tamarizのプレデターデックを簡単に覚えられる新メソッドも考案。プリあらにいらした時に荒木会長にプレゼントされた、marioさんが考案して製作されたクロススアップマットは、とても画期的な素敵な品でした。
 プリあら例会のビジターマジシャンのコーナーで演じてくれたメンタルmagicも、とても不思議でした! 礼儀正しいお人柄が芸にもにじみでていました。


mario rasoさん

 京大卒のイケメンマジシャン。18歳でマジックと出会い、2014年マジックの先進国である韓国へ留学、2018年にマジック界のオリンピックと言われる世界選手権"FISM"に日本代表選手として出場。ベスト8入りを果たしました。
 帰国後、2021年4月に開催された全日本マジックチャンピオンシップで優勝を飾り、日本マジック界の王者へ。
 映画「Back to the Future」とのコラボレーションマジックの実演、テレビ番組に出演・撮影協力、2022年に開催される次回世界大会のアジア予選に日本代表として選抜されるなど、国内外を問わず活動している今最も注目されるマジシャンの1人です。

才藤大芽さん

 「これが運命です!」のフレーズと決めポーズと共に、人気番組「月曜から夜ふかし」で取り上げられ大ブレイク。
 2021年、2022年と2年連続で新年特番でマジシャンGOのマジックコーナーが作られるほど。 放映直後、その不思議すぎるマジックはネットでも話題に。
 明るいキャラクターと確かな技術は子供たちにも大人気。 ポケモンの家あつまる?やオオカミ少年、ザ・マジックシアターなど様々な番組からオファーが来るほど。
 今、マジック界で勢いのあるマジシャンの1人です。

マジシャンGOさん

 コメディ芸人石黒サンペイさんのご子息。(財)東京演芸協会 一般社団法人、演芸家連合の最年少芸人です。
 3歳にして初舞台。その後芸人の父親のもと修行を重ね、10歳より日本ホテルランキング1位の加賀屋ホテルにて、学校を長期休み、連日出演を重ねます。
 それからは、全国のホテル、イベント、寄席、敬老会、介護施設などに出演。
 マジック、曲芸、紙芝居と芸の幅も広く、今では、父の芸のほとんどを受け継ぎ、東京都のヘブンアーティストとしても活躍中です。


石黒ヨンペイさん

 3歳の時からダンスを学び、物心ついた頃からエンターテイナーの道を志します。
 ミュージカル女優、テーマパークダンサーの経験を経て、イリュージョンのアシスタントダンサーとして活躍。
 数々のマジックショーに出演しながらマジックの魅力に惹かれて、プロマジシャンに転向。
 自分のショー含む、さまざまなイリュージョンやステージの振り付け、演出も行い、年間200本を超えるステージに出演しています。
 プリあらアワード2020グランプリ!他、コンテスト優勝・入賞多数。TVをはじめとする多くのメディアにも出演しています。
 人気急上昇中!!話題の女性マジシャンです。

MiiNAさん

 4歳でトランペットとマジックに出会い、エンターテイメントの世界に引き込まれます。
 学生時代は吹奏楽部に所属し、数々のコンクールや全国大会へ出場し、輝かしい成績を残します。
 学生生活の傍ら、マジシャン・パフォーマーとしても活動を開始。音楽大学へ進学し、音楽を専門的に学ぶ中で、マジックとトランペット・音楽・効果音などを融合させたSOUにしかできない唯一無二の新たなエンターテイメントを作っていきます。
 従来のコンサートやマジックショーとは違う、これまでにない「音」と「魔法」のエンターテイメントショーは、音楽業界からもマジック業界からも注目を集めています。
 SOUならではの世界を演出し、テーブルマジックからステージマジックまで幅広くこなします。CBファミリークリスマスパーティーでは、荒木バンドの仲間としても大活躍。


Entertainer SOUさん

 美しいポージング、表現力、魅せるポールダンサーのkeikoさん。舞台の経験をいかしたキュートでアクロバティックなポールダンスが1番の得意技。
 国内外の大会で数々の入賞歴をおもちで、2015年・2018年にInternational Pole Championshipに出場。2大会連続でダブルス世界チャンピオンに。2018年にはアメリカで開催された世界大会に出場し、シングルでも優勝しました。
 その後、世界初!マジックとポールをコラボしたMagic on the poleを考案。2021年プリあらアワードで見事優勝を果たします。
 数々のメディアにアクロバットダンサーとして出演、「Hitomi & keiko」のエンターテイメントマジックユニットとしても活動中です。


keikoさん

 ダンスとマジックを融合させた、女性二人のイリュージョンユニット「Soul Dream(ソウルドリーム)」
 ドリームかずよし氏に師事し、「ドリーム」の名をとって、Soul Dream(ソウルドリーム)として活動しています。
 PINKY(ピンキー)&みえっちによる、パワフル&セクシーなダンス&イリュージョンが魅力です。
 Soul Dreamとして活動する他、山本リンダ専属ダンサーとしての活動や、お二人それぞれがダンサーとして多方面で活躍しています。
 PINKYさんは、なんと、あのNYアポロシアター劇場に、日本人初のゲストダンサーとして出演。
 また、みえっちこと荒井美恵さんは、荒木会長プロデュース:パッションローズダンサーズの振り付け指導として、プリあらの重要なポジションも受け持たれています。

PINKY(ピンキー)さん
みえっちさん
Soul Dream(ソウルドリーム)

 東京マジックの社員、トランプマンのアシスタントを経てプロマジシャンの道へ。アマチュアのころはプリあら会員でスタッフとしても活躍していました。
 2021年、マジックとエアガンシューティングが楽しめるエンターテイメントカフェバー「台湾夜市」を東京都昭島市にオープン!
 マジシャンにとって前代未聞の逆風が吹き荒れるコロナ禍においても、お客様にマジックを見て元気になってもらいたいという思いから、敢えて実店舗を運営し、頑張っています。
 太郎さんの今後の目標は、「お客様のかけがえの無い想い出作りのお手伝い。マジックを介してお客様が楽しみ、喜びを分かち合える活動を続けていきます」だそうです。
 ブライダルやパーティー等のイベントでも活躍中、一般のお客様が見て、楽しく分かりやすいマジックには人柄の良さがにじみ出ています。


池田太郎さん

 元アイドルの若手マジシャン。小学生の頃よりマジックに興味を持ち始めて、特にクロースアップに夢中になり、高校まで独学では勉強、その後、1年半マジックバーに勤め修行。
 現在はアイドル活動の経験を活かし、本格的にプロマジシャンとして活動中でいらっしゃいます。
 最近は、クロスアップの他に、ステージマジックにも挑戦中。フレッシュなイケメンマジシャンとして老若男女に大人気のカケルさんです。


カケルさん

 昭和21年12月8日生まれ。東京都福生市出身。15歳の頃、中学卒業と同時に、当時、新しいスタイルであった「デュエット奇術」の独特の軽妙な話術マジックで人気を博していた松旭斎すみえさんの内弟子となりました。
 すみえさんの旦那様が日本初の腹話術師として一世風靡した花島三郎さんで、皆子さんの叔父様にあたります。
 七年間の内弟子生活を経て、43年、22歳で独立。美貌を生かした優美なマジックが高く評価され、女性マジシャンではトップクラスのひとりとして大活躍されました。
 近年は、永六輔さんの斬新な演出のもと、マジックの世界に新風を巻き起こし、歌って踊れる優雅な女流マジシャンとして、マルチに活躍なさっています。
 「歌いながらのマジックや私のマジックを見たお客様からの感想文を読みながらのマジックなど演出方法が変わっていると思います、楽しいですよ」 とプリあらゲストにいらしたときにはなされてい た優しい笑顔が印象的でした。

花島皆子さん

 北海道阿寒湖畔生まれ。 幼少の頃、カナダの小さな漁村アラートベイでフラワースティックという棒を自在に操るジャグリングに出会い魅了されジャグリングの道へ。
 2021年度ジャグリング全国大会(JJF)優勝、2011年国際ジャグリング協会(IJA)道具別競技会優勝、TOKYO 2020 パラリンピック開会式出演、など輝かしい経歴をお持ちです。
 ドイツやカナダ、イタリアなど世界10カ国にて公演を果たし、近年はマジシャンのTOKYO TOMOさんと「まわりみち」というユニット名で大活躍中。世界大会FISM2022ではコメディ部門4位を受賞されました。
 ぱわぁさんの自由な発想から生まれる踊るようなジャグリングパフォーマンスは必見です!

ぱわぁさん

 マジックを始めたのは7歳、少年時代からプロを目指す。オズマンド主催「 Japan National Championship of Magic 2022」にて優勝を果たし、京都でロングラン公演を続けている『ノンバーバルシアターギア-GEAR-』の元キャストでもいらっしゃいます、超実力派マジシャン。
 現在はプロマジシャンとしての活動に加えマイム俳優いいむろなおき主催『いいむろなおきマイムカンパニー』のメンバーとして役者業や元モーニング娘の道重さゆみ主演『SAYUMINGLANDOLL~再生~』にて出演とマジック監修を行う等、様々な舞台のマジック演出にも関わっていらっしゃいます。
 プリあら例会のメインゲストでは、様々なクラシックなマジックに独自の味付けを加味した美しく華麗なショーをみせてくださいました。

橋本昌也さん

 高知県出身。8歳の頃テレビで見たマジックに興味を持ち、12歳で初めてステージに立つ。高校を卒業すると同時にプロになるため一人東京に上京し、19歳にしてマジック界にデビュー。テンヨージュニアマジシャンコンテスト奨励賞、優秀賞を受賞。
  現在は、各種パブリックイベント、プライベートパーティーなどのステージをメインに、また舞台等で、お芝居をしながらの出演や、ショー製作、マジックの演出・指導も行い、マルチに活躍中。
 185cm超えの長身痩躯な体で行う、上品で華麗な演技は、会場一体に不思議な世界をつくりあげます。特に、キレのあるしっかりとしたステージマジックは定評があり、これからが楽しみなフレッシュマジシャンのおひとりです。

川上一樹さん

 幼少の頃よりマジックに興味を持ち、大学時代に東京ディズニーリゾート「イクスピアリ」にあったマジック専門レストラン「ウィザード」にてテーブルマジシャンとしてデビュー。そこで連日連夜、世界のトップマジシャンに囲まれ実力を上げていったそうです。
 東邦大学理学部化学科卒業を生かし本物の化学反応を使ったオリジナルで摩訶不思議なサイエンスマジックショーで大人気に。音楽に合わせた演出とノリのよい雰囲気がYOHEYさんの持ち味。また、アルケミストマジックのオーナーでもあり、東京手品女子の発案者でもございます。


YOHEYさん

 カッコよさと可愛さを兼ね備えた、いままでにいなかったスタイルで奮闘中の女性マジシャンです。
 マジック番組の出演にとどまらず、ボートレース平和島の公式応援サポーター就任や集英社『りぼん』にアニメとして掲載されるなど幅広く活躍中。
 テンヨーマジックフェスティバル2022への出演も果たし、いま大注目の新進気鋭の女性マジシャンです。

LUNAさん

 藤山大成さんのマジックのスタートは、小学生の頃に見たテレビのマジック特番に感動したことから始まります。
 高校生になってからはコンテストに出場するようになり、数々の賞を受賞しました。大成さんは、プリあらアワード2015では、最優秀グランプリを獲得された、前田将太さんと同一人物です。
 大学卒業決定と共に、日本の伝統芸能である手妻の普及に貢献したいという想いから、藤山新太郎さんの元へ弟子入り。(弟子入り前の学生時代には、プリあらにもよく、参加されていました)
 そして、藤間章吾氏の下で藤間流の日本舞踊も習い始め、ついに2022年7月、弟子修行を終え、藤山姓を襲名、「藤山大成」として活動を始めました。
 独立半年後の時にプリあらメインゲストを飾ってくださいましたが、ディティールの美しい藤山流の和妻をたっぷりと魅せていただき、感動いたしました。また、テーブルクロス引きの妙技の圧巻でした。必見です。

藤山大成さん

 楽しいトークマジック、音楽に合わせたリズミカルでファンタジックなマジック、バルーンアートやジャグリングなどを取り入れたバラエティーショー、迫力・スリル満点の足長ショーなどを得意とし、老若男女のお客様に大人気ごっちくん。
 歌舞伎役者の坂東玉三郎さんの甥っ子さんというだけあり、端正な顔立ちと優しい笑顔が魅了的。TV番組、ドラマやCMにも多数出演し、中国で行なわれた『国際エンターテイメント祭』には日本代表として招待されています。
 プリあら例会では、アッきーさんと美しい音色のハンドベルの妙技をみせてくださいました。


ごっちくん

 日本では数少ない女性お笑いマジシャンとして大活躍のドリームぷりんさん。独特の天然キャラで映画、舞台、喜劇女優としても注目されています。
 ぷりんさんは平成16年度文化庁芸術祭大賞を受賞し、お笑い軽演劇「浅草21世紀劇団」でマジシャンとして出演。また、舞台等の振付けも手がけるマルチタレントとしても活躍中です。 プリあら例会では、「銀座のママ」のキャラクターで、女性らしいコミカルなマジックを披露してくださいました。



ドリーム
ぷりんさん

 15歳でマジックに興味を持ち、19歳から本格的にステージマジックに取り組み始めました。京都大学卒で才籐大芽さんの後輩にあたります。
 2018年、学生マジック選手権で優勝を果たし、大学生の日本チャンピオンに輝き、2020年には、マジック界のオリンピックと言われる世界大会”FISM”に向けた日本代表に選ばれ、多くのコンテストで様々な受賞歴をもつ実力派マジシャンです。
 現在は、テレビ出演など活躍の幅を大きく広げていらっしゃいます。プリあらMagicマガジン42号の表紙もカッコよく飾って頂きました。
 マジックの世界大会FISM2024に、再チャレンジされます。期待の新人マジシャンです。

鈴木 駿さん

 おもちゃやぬいぐるみとマジックを組み合わせてショーを行う世界唯一のアーティスト トイマジシャン。その独特な世界観と巧みな演出は国外問わず高評価を博しています。
 台湾、イタリアでのゲスト出演、スペインでのショーツアー、オーストラリアの世界最大のフェスティバルでのロング公演など海外を中心に活動されています。
 また、月に数回マジシャン向けのワークショップの講師をつとめる他、画家としても活動中てす。プリあら例会メインゲストでは、トーイ達のキャラを生かし楽しいトークを織り交ぜたクロースアップマジックで観客を沸かしていました。

SANTAさん

 ハッピーつついさんは、身長185cmのジャンボバルーンタレントとして有名です。風船を人のサイズまで膨らましながら客席を回って大きさなど触って体感して頂き、ステージ上でその風船に、なんと入ってしまうという驚きのパフォーマンス。
 脚立に飛び移っていったり、迫力とスリルで見応え十分、必見のパフォーマンスです。2012年、ユニバーサル・スタジオジャパンにて開催されたパフォーマンスコンテストで受賞したのをきっかけに、人気が広がり多くの場所で大活躍中。
 バラエティに飛んだコメディチックなマジックパフォーマンスは、老若男女、年齢問わずみんなをハッピーな気持ちに。笑顔が素敵なつついさんならでは!お客様とスキンシップをとりながらの演技を得意とされています。

ハッピーつついさん

 本格的なステージマジックからトークマジック、クロースアップマジックまで幅広くこなす実力派マジシャンです。
 1989年 「たけしの元気が出るテレビ」でデビューされ、端正な容姿とは真逆に破壊的なギャグで、マジック業界内でも多くのファンを持ち、一度見た人を虜にしてしまう魅力的な舞台を展開します。
 DVD「芸者さんゆずり」も好評発売中。このDVDでは、師匠である関てるゆき氏をはじめ、高木重朗氏、村上正洋氏などから直伝のマジックを楽しいエピソードを交えて紹介されています。
 私生活でもいつもギャグを飛ばしているので、一太郎さんの周りは常に笑い声で溢れています。

一太郎さん

 

川村建太さん

1 2 3 4 5 6